祝★受講生の出版ラッシュ!&まだの人にも贈る言葉

こんにちは、
中吉カレンです。

11月末から、受講生の皆さんの
出版ラッシュが続いています。

1冊目の共著が好評で、初の単著(実質的には2冊め)が出た方も!

私はこれまでセミナーでもコンサルにおいても、
特に、

「必ず出版できます」「出版させます」

といった言葉は
あえて使ったことはないですし、
むしろ意識的に控えてきました。

なぜなら、出る人は必ず出ていくから。
とくに私がなにもしなくても、です。

だから「ほらね」ってただそう思っています。
そしてもちろん嬉しい!

それぞれに、
出版への道のりは違っていて、
それぞれに一筋縄ではいかないドラマがあります。

田端裕司さん、長谷静香さん、
記念すべき著者デビュー作の刊行、おめでとうございます!!!

『生涯一筋愛されたかったら、「彼のため」を全部やめなさい』 
   田端裕司:著  (大和出版)


『看護師のためのアドラー流子育て・自分育て』  
 長谷静香:著   (日本医療企画)


企画が通って来年以降の出版が決まった方もいらっしゃいます。
これはまた後日、
あらためての発表とさせていただきますね。

そして、

出版が決まった人の話を聞くと焦ってしまう、
自分はなぜまだなのか?と落ち込んでしまう、という方。

その気持はよくわかります。

でも、これは「早いからいい」「遅いのがダメ」と
いうわけではないのです。

とくに資格試験とか就活を勝ち抜いてきた人、
優等生を演じてきた人にとても多いのですが、
つまり、努力を重ねてがんばることで競争に勝ってきた人、

よ〜く聞いてくださいね。

「出版は、テストや試験とはまったく質が違うものです」

勝ち負けでもないし、
ましてやゴールでさえありません。ただのスタートです。

それも、走り出したら
二度と止まることができないスタートでもあります。

そのスタート時期は、その人にぴったりの
”タイミング”というものが必ずあります。

“その時”がくれば、否が応でも
世の中に押し出されてしまうのが
出版の世界の常(そう、ところてんのように)。

おそらく、当の本人は
周囲の羨望ややっかみ(?)など気にする暇のないほど、
目まぐるしくも必死の日々だったことだろうと思うのです。

ですから、
大切なのは、

“その時”に「準備ができていること」です。

多くの新人作家をみてきて本当にそう思います。

たとえば無理をして時期じゃないのに
焦って出版してしまう(たとえば自費出版など含め)と
本当の意味で、幸せな勝ちパターンにもっていくのを
かえって難しくしてしまったり。

あなたはなぜ、なんのために、
本を書きたいと思ったのか?

本当に伝えたいと思っていることは何なのか?
そして、それは、なぜだったのか?

大事なことを忘れないように。
こんなときこそ、
初心に戻ってみることです。

私はいつでもここにいるので、
ふと迷ってしまったときには
再受講でも個人コンサルでも、
どうぞいらしてくださいね。

年末年始のSPECIAL★個人コンサルも
受付け中です。(ちょっと増量してお待ちしています)

中吉カレン

お問合せはこちらから:info@officekalen.com

(2018年12月29日のメールレターより抜粋)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP